書家 小野﨑啓太

2018.11.12

円相

いつの間にか執着していた心が、ぽーんとひとつ、音を立てたように自分から切り放たれていった。己自身が望んだのでもなく、誰が望んだのでもない。どうしてもそこに捕らわれて止まなかったことは、只自分の奥底に、...

つづきを読む

2018.10.2

栃木県芸術祭美術展 「望」

「望」 120cm×90cm 今年の栃木県芸術祭美術展、「望」を出品した。 空海の風信帖第三通に心を寄せての制作だが、遠く及ばない。 普通、「望」字の草体は、一画目の点から二画目の縦...

つづきを読む

2018.9.25

国際平和デー 栃木県護国神社奉納揮毫

平成30年9月21日 栃木県護国神社にて奉納揮毫を行って参りました。 世界の平和を祈り、9.21世界平和デーに併せて護国神社にての奉納。 主催は「和・プロジェクトTAISHI」 宮本代表のお...

つづきを読む

2018.8.3

蘇軾詩「東坡」

独立選抜書展出品作 蘇軾詩 「東坡」 雨洗東坡月色清  雨は東坡を洗って月色清し 市人行盡野人行  市人行き盡して野人行く 莫嫌犖確坡頭路  嫌ふ莫かれ犖確坡頭の路 自愛鏗然曳杖聲 ...

つづきを読む

2018.7.18

代表作「心」展示します。

宇都宮東高等学校・附属中学校の書道部展 「東鷹展」にて、自身の代表作である「心」を展示・発表致します。 上記校書道部の顧問として出品致します。 生徒たちの力作に併せ、ご覧いただければ幸い...

つづきを読む

2018.6.19

「居」 書作品

「居」 2018年栃木県書道連盟展出品作 70cm×70cm   木簡の中にこの字形がある。「居」の中の「古」字横書くを外側に大きくはみ出し、交差させた形がなんとも面白いと...

つづきを読む

2018.4.16

蘇東坡の詩

次の作品を決めるときにまず考えることは、私の場合、何を書くか(言葉など)、ではなく、 どのような表現法を取るか、を考える。それにあった素材(言葉)を後から持ってくることが多い。 一つの作曲なら...

つづきを読む

2018.3.27

東京は桜が満開。 東京住まいではありませんが、先日、ふらり上野を訪れ、東京の桜を観てきました。 久しぶりに歩く上野公園の桜並木道は、かつてよりさらに人に溢れていたように思いますが、 桜の花の美しさ...

つづきを読む

2018.3.26

「回」 Spin  70cm×135cm 「回」をテーマにいくつかの作品を作っています。 主に使っているのは甲骨文の「回」。 ぐるっと回転するカタチを表す面白い文字です。 この作品...

つづきを読む

2018.3.8

『目』 100cm×190cm 2013年製作 2015年発表 「目」の甲骨文を使った作です。 大きな目玉を一つギョロッと。 とても奇妙な作品です。 Black ON Black に...

つづきを読む

2018.2.11

隕石とインポテンツ

「隕石とインポテンツ」 ウィキペディア https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9A%95%E7%9F%B3%E3%81%A8%E3%82%A4%E3%83%B3%E3...

つづきを読む

2018.2.7

「回」 甲骨文 https://onozakikeita.com/gallery/%e5%9b%9e/ 「金文」と言うべきかもしれない。 「甲骨文」と「金文」は時代的に近いため形の重なるも...

つづきを読む

2018.2.5

甲骨文を使った篆刻作例

「気清」「観自在」「不言之華」「華月」 篆刻にて甲骨文・金文を使った作例。 甲骨文の面白さというのは、何よりその素樸さ、自然さだと思います。 中国の時代も、周代を過ぎて秦代(紀元前2...

つづきを読む

2018.1.30

「回」 100㎝×165cm 新作 『回』 (金文) 油絵の具使用   これは書ですか? 絵ですか? 自分でもわからずに制作を進める。 書と絵。 そのジャンルの...

つづきを読む

2018.1.28

「石」 180cm×178cm 第66回独立書展出品作 『どうしよう、こんなもの書いてしまった。なんじゃこれは・・・。 自分の中でも規格外。』 こう思うことは、現代芸術としての価値...

つづきを読む

2018.1.26

「雪」 70cm×68cm  発表:2015年 1月22日夕方、東京を中心にたくさんの雪が降った。 交通機関が乱れることや、いろいろな災害が予想された。 自然は否応なく私たちの目の前...

つづきを読む

2018.1.21

サトウくん

タイトルを制作させていただきました 映画「サトウくん」が公開になります。 https://onozakikeita.com/eigasatoukun/ 監督からのご指示。 「子供の...

つづきを読む

2017.12.25

ゆうじ

2015年 個展時に発表した超大作(360cm×480cm) 制作は2008年。およそ七年の間眠らせての発表となった。 「ゆうじ」と題したのは弟の名前から。 制作の前年、大きな事故を起こし...

つづきを読む

2017.12.15

栃木県芸術祭美術展(2017)出品 ※本作品の展示は終了しております。 「石」 105cm×135cm 作品の制作において重視しなければならないことはいくつかある。 技法をを重視し...

つづきを読む

2017.12.14

歯車 ~超大作~

大作を作る。 大作を作ることは、一つの信念とプライド。 なぜ大きくなければならないの?って。 大きいとおもしろい。 大きいと人が集まる。 甲骨文「歯車」 甲骨文は殷代の文字である。これを...

つづきを読む

2017.11.28

乃木坂46 「僕の衝動」

ⓒ乃木坂46LLC 先月のことになりますが、乃木坂46 19thシングル 「いつかできるから今日できる」がリリースされました。 TypeDカップリング曲となった「僕の衝動」。 タイトルを担当さ...

つづきを読む